手芸を趣味にして、オリジナルグッズを作ってみませんか?

手作りオリジナルグッズ

ミシンを使わず手縫いの手芸で使う生地を選ぶ際の注意

手縫いで作成する手芸の場合には、生地選びが重要になります。
オックスや帆布等の厚めの布地では力が要りますので、厚地用の針を用意して、ミシンで仕上げた方が手早く丈夫に仕上がります。
手縫いでの手芸には薄めから普通地の厚さの生地が向いています。
木綿、麻等の天然の素材の生地なら、汚れても洗濯できますので、後々使いやすいです。
ローンは薄手でしなやかで、春から秋にかけてのブラウスやチュニック等の洋服作りに向いています。
スケアは柔らかく中程度の厚さで、裏地をつけてポーチやケース等の雑貨小物に、1枚仕立てならスカート等の洋服にも向いていて使い勝手が良いです。
中程度の厚さで織りが粗いシーチングは、雑貨小物の裏地やパッチワーク用の布に向いています。
ダブルガーゼは肌触りが良く、赤ちゃんや敏感肌の方用の衣類や冷房対策用のストールとしても安心して使えます。
秋から冬用の洋服やブランケットを作る場合は、保温性を考えて、薄手の起毛タイプやコーデュロイ、ウール地のダブルガーゼを選ぶと良いでしょう。

楽しみのひとつ!手芸の生地選び!

ちいさな子供服や、自分用の簡単なスカートなど、服を自分で作る人が増えてきています。
生地を購入して自分で作った方が、安く済む場合もあり、また自分の身体に合わせた理想通りの服が作れるのです。
手芸をする際には生地選びが楽しみのひとつとしてありますが、それは楽しい反面、重要な選択となります。
色柄などは好みで決められるでしょうが、その記事の耐久性や厚みなど、素材の特徴を理解しておかないと、作った時はよくても長く着れないというようなことになってしまう場合もあるのです。
摩擦による劣化もありますし、伸縮性がありすぎてもなさすぎても、着用にはあまり適していないでしょう。
また、活発に動く子供が着用する子供服などを作る場合には、伸縮性にはかなり気を使う必要があるでしょう。
自分で作ることによる最大のメリットとすれば、服と同じ生地で小物なども作成することができることでしょう。
お揃いにすることで、オシャレ度がアップするでしょう。

check

2018/7/13 更新

『手芸 生地』 最新ツイート

@kashihara_staff

K-1・モアレの生地はカラー10色(ベージュ、パステルピンク、ブラウン、ネイビーなど)をご用意。カルトナージュ、お茶箱、手芸、パッチワーク、テーブルクロス、テーブルセンターなどにどうぞ。メール便も対応 https://t.co/vLhwLjh26j

3時間前 - 2019年07月16日


@kashihara_staff

K-42・生地「ストライプ」のカラーは5色、バック、巾着、ポーチなどの手芸、カルトナージュどにどうぞ。メール便も対応。(メール便での発送可)https://t.co/kYgqfgBLPv

4時間前 - 2019年07月16日


@Chikudi22

中の方のライブ衣装(カルライ)も作ってみたいけど、地元特殊生地がない(-""-;)よさこい向け生地はあるのに、(アイドル)ライブ衣装生地は限られる。 手芸店員の時、某パチンコ店の地下?にユザワヤ進出するって噂を上司が言ってたのに(>д<)ノ

6時間前 - 2019年07月16日


▲TOPへ▲